2015年09月16日

不思議な特選受賞

ぴかるんが、今年も夏休みの自由研究として
科学作品に取り組んだ結果、
市の科学作品展で特選をいただきました。
市内の中学校で2点だけで、
その2点が、県の審査に進みます。

実は、これには、家族一同(?)驚いた!

ぴかるんのおにいちゃんのときから、
兄弟合わせて、ちょうど10回目の科学作品展なので
母から見ると、だいたい、その年のデキはわかっていて
今年は、まあ、入選はするだろうけど
特選は絶対にないだろうと思っていました。

なぜなら、第一に、ページ数が少なかったからです。

おにいちゃんが、県で入賞した作品などは
分厚いファイルいっぱいを2冊、プラス
少し薄めの要旨集1冊くらいは作っていました。
ちょうど、市内でもうひとり特選に選ばれた子も
そのくらいの量の作品でした。

ぴかるんは、そこまでは作った事がないものの
その分厚いファイル1冊分くらいは毎年作っていました。
が、今年は、おにいちゃんので言えば、要旨集くらいの
45ページ程度の作品でした。

これでは、どう考えても特選はないよね、
というのが、家族の共通の認識。
始業式の日に提出した学校の先生からも
何のコメントもなく、ぴかるんも
「作品展に出してもらえたかなあ・・・
 入選できるかなあ・・・」
と不安な数日を過ごしていました。

なので、特選の知らせは、家族でびっくり!!
そして、今までで一番、大喜びしました。

で、作品展を見て表彰式に出たのですが、
やはり、もっとたくさんページのある力作は多々あったし
内容も、もっと複雑で苦労している感があるものもあったのに
なんで、ぴかるんのが選ばれたのか、やっぱり不思議。

強いて言えば、シンプルで分かりやすかったのと
予想-方法-結果-考察という流れをきっちり繰り返し
動機からの全体の流れが明確で
動機での疑問が、結論でクリアになったこと、などでしょうか。

思わず
「こんなのでいいのか〜。今までの大量に書かねば、
 というプレッシャーはなんだったんだろうか」
と思ってしまった母ですが、もっと
「こんなのでいいのか〜」
と思ったのは、きっと大量が良いと思って
がんばって作品を作ったみなさんや、その親御さん
だったことでしょう。

本当に、なんだか申し訳ないです。

posted by ぴかるんママ at 07:32| Comment(2) | 自由研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月17日

反抗期とやる気の消滅

ぴかるんのおにいちゃんが、
地元で教員採用試験を受けるために帰省しました。

ふたりでビールをちびちびやりながら話しているうちに
おにいちゃんの中学時代の話になりました。

おにいちゃんから興味深い話が聞けました。

中学のある時期までは、
親と先生は『神様』だと思っていた。
絶対的な存在で、圧倒的に信じ、
逆らうことなど考えもしなかった。

が、何がきっかけだったのかは忘れたけど、
あるとき、ついに、
親も先生も『人間』であることに気づいてしまった。

そうしたら「なあんだ」となり
急に、親や先生の言うことをきくことが
ばかばかしく思えるようになった。

とのこと。

ああ、思春期の反抗ってそういうことなのか。
今まで、漠然と、
大人になるための通過儀礼、とか
その年頃特有の精神状態、とか
わかるようなわからないような、
そんな感じでしたが、とてもすっきりできました。

ちなみに、私自身は、
おにいちゃんは、高校時代もずっと反抗期と思っていて
長い反抗期だなあ、と嫌気がさしていましたが
本人によると、高校時代はそうでもなかった、とのこと。

やはり、あるときから、突然、良い子にもなれないし
どっちにしても、もう親とは精神的に距離があったので
適当にあしらえば良い、と思っていたようです。

つまり、親離れはしていた(つもり)だったのに
子離れがこじれていた、ってことなんでしょう。

ちなみにぴかるんは、まだ反抗期っぽくないです。

先生のことは『神様』とは思っていないでしょう。
たぶん、もうずっと前からそうでしょう。
親のことは、どうなんでしょうか。
いつも「母、すご〜い」とか「父、さすが!」とか
言っているので、まだ、親の方が立場が上かも。

まだ、これから反抗期が来るのか、
それとも、すでに、全部を知りながら、
子供のふりをしてくれているのか(その方が有利だから?)
どちらかは、わかりませんが、
今回、おにいちゃんの話を聞いて、
なんだか、がんばれそうな気がしています。

それから、もうひとつ、とても興味深い話がきけました。

おにいちゃんは、中学入学直後はよく勉強していましたが、
中1の夏休み明けから、めっきり勉強しなくなりました。
それは、何が原因だったのかとたずねたところ、あっさりと
「勉強しなくても、成績が下がらなかったから」
と答えて、それには驚きました。

確かに、定期試験の得点や順位は下がっていきましたが
成績表自体には、あまり大きな変化は見られず
主要5科目の内申点は25点満点の23〜25点で推移しました。

中学の成績は、テストの点数だけでなく、
提出物や意欲なども勘案されるので、
たぶん、先生受けが良かったと思われるおにいちゃんは
多少、テストの点が悪くても、成績には響かなかったのでしょう。

それはそれで、うまいこと中学時代を切り抜けたとは思いますが
世の中は、そんなに甘くない。
勉強しなくてもどうにかなる、という思いがしみ込んだ頭では
その後の、進学校での勉強、大学受験、大学での単位取得などに
散々、苦労し、遠回りを余儀なくされる生き様です。

明日は、教員採用試験の一次試験。
私が育てた息子の生き様が試されます。


posted by ぴかるんママ at 10:22| Comment(0) | おにいちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月26日

初の期末試験結果

ぴかるんの初めての期末試験が終わり、
テストが全部返ってきました。

国語、英語、理科は、予想以上によくがんばり、
国語は単独学年トップでした。
が、数学が・・・とびぬけて悪かったんです。

数学の平均点が50点台らしいので、
70点台だったぴかるんは、
それほど悪くはないのかもしれませんが
ほかの教科に比べると・・・
どうしちゃったの?という感じです。

それに、まだ、1年生の1学期なんて
さほどむずかしくもなく、
ひねった問題の作り様もないと思われるのに
どうしたらそんなに失点できるのか、
と思ってしまいます。(母は理系)
まだ、落ち着いて、テストも見ていないので
一度じっくり見せてもらって、
一緒に弱点を分析しようと思っています。

最初の定期テストなので、
ぴかるんが実際のところ
どの程度の得点をとれるのかもわからず、
勉強の仕方も正しいのかどうかもわからず
手探り状態だったわけですが、
これでどうやら、ぴかるん自身の傾向も
まわりのライバル(?)たちの様子も
見えてきたように思います。

数学にはびっくりでしたが、
数学が、嫌いだとか苦手だとかいうわけではなく
ちゃんとトレーニングすれば
ちゃんと点がとれる教科だと思うので、
ちゃんとトレーニングをしようと思います。

あとは、それなりによくできていましたし、
特に、英語は、母から見ると
「単語のスペルとか、細かいところがいいかげん。
 文法もまだあいまい」
と、かなり不安がいっぱいだったにもかかわらず
わりと高得点をいただいたので、ラッキーでした。
が、本人にも、弱点がしっかり自覚できたようなので
しっかり補強するつもりらしいです。

良かったのは、国語。
漢字や文法や古典などをのぞけば、
なかなか勉強の成果が出ない教科ですが
そこでしっかり点がとれるのは、
理系に進もうとするぴかるんには何よりの強み。
このまま、読書好きで、漢字好きであってほしいです。

そして、総合的に、
ぴかるんより上位である子たちの得点を聞いてみると
まあ、いわゆる射程圏内。
ぴかるんは、上位を追い詰めて行かれる(?)
ちょうどいい感じのポジションにつけました。
なので、母以上に、ぴかるんのモチベーションはアップ。
母が、夏休みの弱点克服方法を語れば、ぴかるんは
「いや、それまでにまだ1ヶ月あるし。
 そこまでにやっておくこといっぱいで、
 やらなきゃ、ってか、もっともっとやれるし!」
と、超気合が入っています。

いきなり、クラスでトップになっちゃったりすれば
「まあこんなものか」と天狗になりそうですが
ちょっとした悔しさが残ったところが、
この試験での、最大の良さだったと思います。
追って行く方が強いのは間違いないです。
期待しています。





posted by ぴかるんママ at 09:03| Comment(0) | 試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月22日

テスト前の母たち

ぴかるんの初めての定期テストは、今日明日です。

学校の方針としてか、定期テストは月火にあるらしく
つまり、直前の土日は、がっつり勉強しろ、
というわけらしいです。

なにせ、初めての試験勉強で、
すぐ上とかに兄姉がいるわけでもないので、
どうも、試験勉強というものがイマイチわからず
「土日、がんばらないとね」
という母の言葉にも、なんだか焦点が定まらない様子。
が、日曜日に予定されていた、
すごく行きたかった博物館の活動は、
さすがに観念してあきらめ、勉強するつもりだったようです。

土曜日は、家で、休み休みも8時間ほど勉強できました。
「こんなに休みながらでも、けっこうできるんだね」
と、ぴかるんも意外そうでした。
が、さすがに、それを2日連続は厳しそうでした。

日曜日は、ちょうど母が図書館バイトの日だったので
「気分転換に図書館でやる?」
と提案すると、素直に「そうするか」

図書館で一時間ほど勉強すると、
偶然、親しいお友達が、おかあさまに連れられてきました。
ふたつのカバンにぱんぱんに教材をつめて、
おべんとうも持ってきました。

「もう、ほんとうにっ、昨日も全然勉強しなくって!」
おかあさまが、お怒りで、
「今日は、閉館(5時)まで帰ってこなくていいですっ!」
と言い放ち、去って行かれました。

しばらく、ふたりで楽しげに(?)勉強をしていると
どうやら、同級生らしい子が、
おかあさまと弟さんとやってきました。
その子は、勉強しに来たわけではないらしく、
勉強しているふたりを見たおかあさまは
「ほぉら、ちゃんと勉強してるじゃないのっ!」

午後からも、ふたりでてきとうに(?)勉強していると
また別の同級生のおかあさまが、弟さんふたりを連れてきて
「弟たちがうるさくて勉強できないかなと思って、
 連れ出してきました」
とのこと。そして
「なんだかのんびりしていて・・・
 土日なんか、一日中勉強するものだっ!
 って言ってるんですけどねえ・・・。」

どちらのおかあさまがたも、
なかなか思うように勉強しない男子くんたちにイライラ。
まだまだ先は長いよ。
お互い、がんばりましょう。
と心の中でにやにやしていたワタクシです。


 


posted by ぴかるんママ at 09:17| Comment(0) | 試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月19日

塾って・・・?

ぴかるんは、田舎の小学校出身なので、
小学校のクラスメートで塾に行っている子は
いませんでした。
が、中学になると、その元クラスメートたちの中にも
塾に通う子が出てきたし、
別の小学校出身の子たちは、もっとたくさん
塾に行っているようです。

とりあえず、ぴかるんは塾に行かせるつもりは
ありません。
お金も時間もかかるし、
何より、必要とは感じていないからです。

さて、最初の定期テストは来週ですが、
単元テストや小テストはいろいろやっているようです。
ひとつ、数学のテストが、平均点より少し上なだけだった
と落ち込んでいましたが、あとは、まあまあのようです。
が、そういうテストを通して、
クラスの中で、どの子が勉強ができるか、とか
そういうものが見えてきたようです。

ぴかるんが言うには、ハナコさん(仮名)が
ほとんど100点だそうで、一番かなぁと思うらしいですが
今日、そのハナコさんが
「ぴかるん、塾行ってるの?」
と聞いてきたので、行っていないと答えると
「えー!?行ってないのに、なんでそんなに頭いいの?」
と言われたと、なんだかうれしそうでした。
ハナコさんは、塾に行っているらしく、
ぴかるんによると、こつこつ努力するタイプみたいです。

塾に行っていないのに頭がいい・・・

それに驚くハナコさんに、私は驚きでした。

頭がいい=成績がいい、という意味であるなら
ハナコさんは、塾に行かなければ成績がよくならない
と思っているのでしょうね。
自分が成績が良いのは塾に行っているからで
塾に行かなかったら良い成績はとれない、
と思っているのかもしれません。

子供たちにとって、塾ってそれだけ絶対的な存在なのですね。

っていうか、親が
「塾に行かないと、勉強についていけなくなるよ」とか
「行きたい高校に行かれないよ」とか
本心でそう言っているのか、脅しでそう言っているのか
なのかもしれませんね。

ならば、塾に行っていなくても頭がいい(?)ぴかるんは
いったい何なの?
って、ハナコさんが思ってしまったら
ハナコさんの親御さんにしてみたら、いい迷惑・・・
かもしれませんね。



posted by ぴかるんママ at 22:30| Comment(0) | クラスにて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。