2013年07月31日

多忙ぴかるん

ぴかるんの夏休みは忙しいです。

先週まではでかけることが多かったのですが
今週は、家で通常の生活をしています。
が、本当に次から次へとやることばかりで
気の毒になるくらいです。

その原因は、やはり、タガメの飼育。
毎日生きたエサを食べないと
容赦なく共食いを始める生き物なので
エサとりやケースのそうじは、ほぼ毎日です。

いま、ケースは11個あって、水槽は3つです。
その中に、なん匹か把握できていない
タガメの幼虫たちと成虫か4匹います。

毎日、エサにするためのオタマジャクシや
カエルを近所の田んぼなどに取りに行きますが
そろそろ田んぼにも水が少なくなってきて
なかなかエサが見つからなくなっているようです。

プールで会うおともだちは
「毎日、ひまでひまで・・・」
と言っているらしいのですが、
一日くらい代わってほしいぴかるんです。

そんなふうにがんばっているぴかるんですが
やはり少々疲れたり飽きがきているらしく
次の実験にとりかかる準備をしなくてはいけないのを
伸ばし伸ばしにしていて、
やるタイミングをのがしてしまったのを知った母。
自分でも記憶がないくらい久々に雷どっか〜ん!

生き物の観察や実験は、タイミングが大切です。
一度きりのこともあり、見逃したら終わり。
実験もぐずぐずしていたら、
生き物たちの条件がかわってきてしまいます。

母の突然の怒りに、半べそになりながら
ぴかるんは、実験の準備を始めました。

怒れば、まだ動く。
けれど来年か再来年か、きっと動かなくなる。
母をにらみつけてプイっとはなれていく。
暗黒の時代がまたやってくる。

この多忙な夏休み。
母の中では楽しかった思い出として
一日一日を大事に胸に刻み込もうと思います。
posted by ぴかるんママ at 21:33| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月29日

地区の大掃除でのこと

ぴかるんが合宿のあいだに地区の大掃除がありました。

子供は子供なりに、おとなはおとなとして
地区の草刈りやごみ拾いなどをする毎年の行事です。

今年は、小学校の地区委員なので、
ぴかるんがいなくても夫婦で子供の大掃除に参加。
(夫は30分前から大人の方の大掃除に参加したあと)
同じように、子供は欠席なので親が出ます、
という方が2名いました。

地区の子供の数が少ないので、
ひとりでも欠席だとけっこうさみしい。
なので、せめて親だけでも出て手伝いましょう、
という気持ちです。

という家庭があるかと思えば、中学の地区役員の家は、
子供本人も無断欠席、親もなんの連絡もなし。
この親って以前、この大掃除のときに
当時の地区役員が顔を出さないって憤慨していたはず。
そのときは、そこのお子さんはちゃんと出ていたから
今回のことよりは、かなりましでしたわね。

今回、大掃除を無視したおたくのおかあさまは、
そういう地区のことをすごく大事にして
地区の年配の方からも信頼されていて
若手(?)のリーダー的存在の方だったんですけどね。
どこかで何かがあったのか、自分の子供のことが
仕事や地域のことよりも最優先になってしまって
ある意味、開き直った感じがあってこわいくらいです。

最近の様子を見ていると、体力には自信ありの方なので
見た目は元気に動いているのですけど
頭の中が、ひどく混乱してぐちゃぐちゃになって
やるべきことの優先順位とか意味づけができていないようです。

実はその方、ぴかるんのピアノの先生です。
もともと、時間にルーズとか、
自分の子供や家庭の予定を最優先する、とか
評判はあまりよくなかったのですが、
私としては、まあ目をつぶれる程度のことでした。
(目をつぶれなくて辞めた人も多々ですが)
が、最近、もう完全に壊れてる?と心配になるほどです。

こちらが10日ほど前に、
その週末と翌週末のレッスンの欠席の連絡を入れたのに
週末に「今日の予定はどうでしたか?」と連絡が入り、
やっぱり翌週末も「今日の予定は?」と連絡が入りました。
なんだかこっちが無断欠席を繰り返しているようです。
私の携帯にはちゃんと送信記録が残っているので
「○日に連絡して返信もいただきましたが」
と多少嫌味っぽくメールしましたが、謝りもなしです。

最近スマホにかえたようなんですが、
明らかに使いこなしていないばかりか、
なにかの不具合でアドレス自体が全部とんだらしくて
しばらく音信不通で、それを知らなかった私は
何度もレッスンを無断ですっぽかされて
完全にキレかかっていました。
が、自宅の電話などは知っているはずですし
アドレスがとんだのなら、またあわてて
レッスンの時にでも、みなさんにアドレスなどを聞き直して
すぐに対処するのがふつうだと思うのですが・・・。

そういうことがどうしてできないのか考えてみると
その方、小学校の常任講師もしているんですね。
本来は、常任講師は公務員待遇なのでバイト禁止なんですが
もともと、自宅でピアノを教えていたので続けているんです。
たぶん、ばれたらヤバいのではないかと・・・。

まあ、それは、本人のことなので
私は知らん顔をして済ませていますが、
その小学校の先生としてのお勤めが、
たぶん彼女の能力を超えている、というのが、
別の方々の見解です。

小学校の正式の教員は、そこそこレベルの高い大学で
専門の教育を受け、教員採用試験に合格して教員をしています。
が、最近は、予算削減のために、正式の教員の採用を控えて
講師として、教員免許を持った人を一年単位とかで採用しています。

講師の方のレベルも様々で
以前正式の教員だったのが、子育てなどでいったん退職して
講師として復帰というような、ほぼ正式の教員と変わらない方から
あまりレベルの高くない短大とかで、教員免許はとれたけど
採用試験に受かる能力はなかった、という人までいます。

いま話題にしている方は後者で、講師として働き始めたのも
40歳を過ぎてから、くらいだったと思うので、
やはりいろんな能力が、必要なレベルに達していない、
というのが、いろんな方からの情報です。

なので、まあ、きっと学校でも保護者にたたかれたり
同じ教員仲間にいじめられたりしてるのではないかと
勝手に考えて、それゆえ、頭の中が混乱して
自分の子供に異常なほど執着したり、
やるべきことがわかっていない、
実行できない状況なのではないかと
ここまでくると、怒るとか憤慨するとかではなく
心配になってくる感じではあります。

が、レッスンで顔を合わせれば、わりとふつうだし
(最近、完成度がいまいちでも○をもらえるのは
 うちの子の能力のせいなのか、
 先生のやる気のなさなのかは疑問ですが)
それほどおかしなことを口走るわけでもないので
まだ大丈夫なのかな、とも思いますが・・・。

自分の能力を超える仕事であれば、
さっさと自覚してやめるべきだ、という方もいますが
子供にお金がかかる時期であるのはよくわかるので
なかなか簡単にやめられるものではないでしょう。

でも、小学校の先生(担任)という、
子供たちを育むとても重要な仕事をしているという自覚は
持ってもらいたいと、よけいなお世話ですが思います。


posted by ぴかるんママ at 08:45| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サッカー合宿終了

この土日、ぴかるんはサッカー合宿に行っていました。
1泊2日で隣の県に行ったのですが、
昨年に続いて2回目です。
昨年は、初めてのお泊まりでしたが、
とくに心配する事もなく、
今年は、さらに心配する事もなく、無事終了。
昨年も今年も、帰宅時は、疲れや車酔いと軽い脱水で
ぐったりしていました。

それにしても、ばっりち陽に焼けました。
毎日のようにプールに入っているし、
河川調査で一日外にいたこともあったのに、
まだ、陽に焼ける余地があったのですね。
本当に、2日間のハードな練習(?)の象徴のような顔色です。

地元チームとの交流戦は、ボロ負けだったようですが
本人的には、いろいろがんばったことや
最近の練習の成果が見られたこともあったらしく
それなりに納得の合宿になったようです。

さて、今日は雨で、ラジオ体操もプールもお休み。
ゆっくり休んだあとは、そろそろ科学作品の論文、
書きましょうか。
母的には、合宿あとのたくさんの洗濯物、
雨なのに、どうしましょうか・・・。

posted by ぴかるんママ at 07:32| Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月27日

河川魚類調査2回目

7月25日(木)
前回の見学でほぼ様子がわかったぴかるんは
また大学の先生に、お声をかけていただいたので
「どうしても行く!」
と言い、私も前回ブログに書いたように
親の都合で本人の意欲を犠牲にしてはいけない
と思うことにし、重い腰をあげました。

今回は、前回よりもかなり汚い感じの川。
前回は、近所の子供たちがたくさん遊んでいましたが
今回のところには、そういう子供もいません。
みなさんは「胴長」と呼ばれる
オーバーオールのようなゴム製の履き物を持っていて
直接からだが水にふれることはないのですが
ぴかるんは、ウォーターシューズに半ズボンなので
先生が
「ぴかるんは・・・どうしようかな。
 素足ではよくないかも・・・やめとく?」
と心配して下さっていましたが、当然ぴかるんは
「大丈夫です。入ります」
私も特に異存はなかったので、先生も
「じゃあ・・・あ、あのへんちょっときれいっぽいから
 あの辺中心にやってね」
と言って下さいましたが、ぴかるんおかまいなし。

P7250016_01.JPG

持って行ったタモ網や、貸していただいた網などを使って
それなりに魚類をとって、データ集めに協力です。

大きなコイやナマズもいました。
P7250008_01.JPG

同じ川の2か所のポイントでデータ集めをしたあと
コンビニで調達したお昼を近所の公園でみんなで食べ
午後からは、別の川に移動して、
外来植物の駆除作業をしました。

P7250022_01.JPG

ここでも、ぴかるんは、みなさんと同じように
がんばって草を抜き、お仕事ができました。

見ている限りでは、とくに足を引っ張ったり
飽きてさぼったりすることもなく
まじめに言われたことをちゃんとできたような気がします。

とれた魚の分類などもそこそこできますし
貢献した、とまでは言えませんが、
「子供は邪魔」と言われるようなこともなかったと思います。

ぴかるんは、終わった後
「なんて幸せだったんだろう・・・」
とつぶやいていました。
こういうことをして幸せだと思う子なんですね。
連れてってあげて本当によかったです。

またお声をかけていただけるかわかりませんが
機会があれば、私の気力体力が続く限り
がんばって参加させてやりたいと思います。

posted by ぴかるんママ at 21:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月24日

河川魚類調査

7月23日(火)
魚研究会でぴかるんがいろいろ教えていただいている
大学の先生が行われている河川の魚類調査に
「よかったらいっしょに行かない?」
と誘ってくださったのに甘え、行って来ました。

いったいどんな規模で、どんなメンバーで
どんな手法でやっているのか全くわからなかったので
とりあえず、見学と簡単なお手伝いができればと
ウォーターシューズとバケツと着替えだけ持ち参加。

メンバーは、先生と、同じ魚研究会の方おひとりと
地方公共団体の担当者おふたりの計4人。
思ったより小規模でお気楽な感じ。
先生は投網もお使いでしたが、ほかの方々は
ふだんぴかるんがやっているように、タモ網でがさがさ。
ふうん、これならぴかるんもできそう。
場所も、大人なら長靴でよさそうな深さで
近所の子供たちがザリガニなどをさがして遊んでいる所です。
タモ網、持ってくればよかったな。

20分ほど生き物をさがしたあと、
ぴかるんも参加して、とった生き物を分類しました。
「○○はこっちに入れてね」
と言われれば、すぐに手づかみでポイポイと仕分け。
上から見ていた私は
「ほんとにちゃんと見て分けてるのか?」
と思うほどのスピードです。

P7230010.JPG

このあたりで、残念ながら時間ぎれ。
「またやるから、よかったらおいで」
と先生にやさしい声をかけていただいて
名残惜しく帰宅しました。

このあと、先生方は、ほぼ一日かけて数か所の調査をし
すごく珍しい魚も発見できたらしく、
ぴかるんのくやしがりようったら。

実際のところ、一日がかりの調査に、
ぴかるんはともかく、私が付き合うのは苦痛。先生は、
「許可していただければ、連れて行ってもいいですよ」
とまでおっしゃってくださいましたが、
遊びではないので、そこまで甘えるわけにはいきません。

だけど、こういうことに参加させていただけるのは
本来、私が願っていたことのはずです。
生き物のことに関しては
親ではもういっしょにやってやれること、
教えてやれることに限界が来ていたので、
専門的な方のご指導を受けたいと、多少無理を通して、
博物館の魚研究会に参加させていただけるようになりました。

さらに、大学の先生のご厚意で、
こんな調査にまでお声をかけていただきました。
夏休みでないと参加できない平日の調査なので、
やはり、できるかぎりの経験はさせてやるべきなのでしょう。

家事がおろそかになる、という
私が義母に気を遣うがための理由で
ぴかるんがやりたいこと、させてやりたいことを
あきらめるのは、やっぱりもったいない。

どうせ、なんにもしない出来の悪いヨメですもん
いまさら、気を遣ったところでポイントは上がりません。
さらに、ポイントを下げることになるかもしれませんが
それは私が気にしなければそれですむこと。
やっぱり、ここはがんばって、
悪いヨメを貫き通すことにしましょうか。

夫は、ぴかるんのやっていることをよく理解してくれているし
いっしょに動いている私の思いなどもわかってくれているので
そこは、とても助かって励みになります。

がんばろうかな。がんばるべきですよね。


posted by ぴかるんママ at 11:35| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。