2013年08月30日

3日残して宿題コンプリート

昨日、午前中に科学作品を作り上げ、
午後から、お習字を書いて、
ぴかるん、夏休みの宿題コンプリートです。

今まで、おにいちゃんのときから何年も
科学作品を作って来た我が家ですが、
こんなに早く終わったのは初めてです。

今年もタガメの研究でしたが、
産卵が6月で、去年より10日ほど早く始まったので
その分、終わりも早かったようです。
生き物相手の研究なので、生き物の都合で
宿題の仕上がる時期もかわります。

おにいちゃんの中学のときの科学作品は
生き物任せの研究ではなかったのに
いつもいつも新学期が始まっても終わらず、
市の科学作品展への搬入に間に合わせて提出、
が当たり前でした。
さらに市の作品展から県へと進む間に
手直しががっつり入ったので、
9月の半ばごろまで、休む間もなかったです。

そして、それが終わると、
夏の疲れと、母にかまってもらえない疲れが
たまりにたまったぴかるんが入院、となり
付添の私は、病院のベッドで
ぴかるんとゆっくりと休む、
というのが、通常パターンでした。

今年は3日も残った夏休み。
台風の影響でお天気が悪そうですが、
何をして過ごしましょうか。

結局、家で、読書とDVD鑑賞って感じかな?

でも、この3日間が、妙にうれしいです。
やっぱ、仕事は早めに終わらせるべきですね。
posted by ぴかるんママ at 08:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月26日

母たち熱狂の練習試合

ぴかるんの所属するサッカーチームは弱いです。
しかも、今年度は、6年生がひとりもいなくて
5年生のぴかるんがゲームキャプテンをつとめています。

なので、今年度は、試合に勝つことはあまり期待できず
来年度に向けて基本やゲーム感覚を養っていけば
もしかしたら、来年はいいチームになっているかも、
と、ひそかに思う程度の母です。

この前の土曜日、突然練習試合の予定が入りました。
夏休みは、ほぼ練習が休みで、
その前の木曜日に久々の練習で、
みんな「足が張ってる」状態での試合。
母たちも、いつもにもまして、
なんの期待もしていなかった練習試合でした。

が、見ていると、それなりに試合になっています。
ゲーム慣れしていないチームで
ポジションも安定していなかったりするので
みんな、自分のいる位置や役割を把握できず
あっという間に点をとられまくって崩壊していくのに
今回は、2試合ともほぼポジションが決まっていて
時間がたてばたつほど、動きがよくなっていく感じでした。

圧巻はキーパー。
今年から上級生チームに入った4年生なのですが、
相手からの雨あられのシュートをことごとくふせぎ
ぴかるんが混乱の中で倒れながらうっかりさわってしまった
ハンドによるPKまで、きっちりふせぎました。

さて、ぴかるんは、母の予想通りボランチ。
真ん中で、相手の攻撃を阻止しながら、
味方の前線へボールを送り込むお仕事です。
去年は、トップからサイドバック、センターバック、
キーパーまで、ひととおり経験した中で、
担当のコーチが、一番向いている、と言っている
本命のポジションです。

見ていると、運動量が多くてたいへんですが
よく動いていて、「そこにつけ」と思うところにつき
きっちり1対1で守れていました。
コーナーキックもまかされていましたが
そういうのは得意なので、わりと正確に入れていました。

5月から、個人のレベルアップを目的としたスクールにも
通っていて、その中では、ほぼ最低レベルで
本人も少し自分の力の程度を知り、
落ち込んだりしている感じもあったのですが
このくらいのチームが相手であれば、
そのスクールでがんばってきたことが
十分に生かされている、と母は感じることができたし
本人も、1対1でボールが簡単に奪えることが多くて
「あっち(スクール)のレベルに比べると隙が見える」
とのことでした。
欲を言えば、もう少し、自分自身で前線までボールを
持ち込んで、攻撃参加できる機会はいくつかあったかな
という感じでした。

さて、1試合目は0-3くらいで負けたのですが
内容は決して悪くはなくて、応援の母たちも
「なんか、悪くないよね」

そして2試合目は、点を取り合う好ゲームになり、
結局3-3の引き分けでしたが、
今まで、そんなゲームは見たことがなかった母たちは
まるで勝ったかのような大興奮。

来週も、同じような練習試合が組まれているそうで、
それにむけて
「ぜったい、休ませちゃだめよ」
などと、妙に気合の入った母たちでした。
posted by ぴかるんママ at 07:49| Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月22日

『知の翼』Give Up

ぴかるんが一年半ほど続けてきた通信教育『知の翼』ですが
とうとうGive Upです。

4年生の間は、多少遅れながらも、なんとか進めてきましたが
5年生に入ってからは、週に一回、サッカーの練習が
増えたこともあって、家庭学習の時間が短くなりました。
ほぼ毎日6時間授業ということもあり、
わたし的にも、なんとなく忙しくてかわいそうな風に思えて
『知の翼』をやりなさいよ、という声かけもしなくなりました。
それゆえ、遅れに遅れて、夏休みに少しがんばったとはいえ
まだ、5年生の4月分をやっています。

たまに声をかければ、素直にやるので、
ちゃんと声をかければよかったのか、とも後悔しています。

10月からの更新と入金の案内が来たので、
今後のことを考えたあと、ぴかるんに相談してみました。

今、まだ4月号で夏休みにも遅れは取り戻せなかったから
このまま続けてもたまる一方だよね。
たぶん、9月までの教材をやるのに5年生いっぱいくらい
かかるんじゃないかな。
まず、今ある教材を5年生中に終わることを目標にして
6年生になったら、中学に向けて、別の通信教育とか
塾とか、考えるといいかもしれない。

というようなことを話しました。

ぴかるんは、特に反論はしませんでしたが
涙をぽろんと落として、うなずきました。

そして、『知の翼』事務局に電話をして、
10月からの退会を告げれば終わる、はずでした。

ところが、電話をするのをぐずぐずしていた私の元に
どんと重たい箱が『知の翼』から届きました。

今年度から、教材は半年分まとめて届くことになりました。
どうやら、9月から2月分までの教材が届いたようです。
(『知の翼』は3月〜8月が前期、9月から後期です)

やばい、退会の連絡期日は9月上旬だったから
のんびりしていたのに、教材届いちゃった。

あわてて、事務局に電話して、恐る恐る退会を告げました。
すると、感じよくあっさりと退会を認めてくださいました。
そして、さらに恐る恐る、教材の塊が届いたことを告げると
「あー、半年分、まとめて送ることになりましたので、
 ぴかるんくんの9月分の教材、ということで・・・。
 2月までの教材が入っていますので、そのままお使いください」

はいぃぃ???

ぴかるんは、途中入会ということで、去年の7月に始めました。
7〜9月までの3ヶ月は、途中退会できないので、
とりあえず3ヶ月分の会費を振り込み、
10月から1年分の会費を振り込んでいて、
来月でそれが終わることになります。
たまたま後期に1ヶ月食い込んだところで更新になるタイミングでした。

それでも、残り5ヶ月分の教材はもらえないだろうと思い、
塊は送り返して、1ヶ月分のコピーとかがもらえるのかな
と思ったりしていたので、全部、いただけるなんてびっくり。

毎月送られてくる、うすいドリルや、添削問題などは
9月で終わるらしいのですが、
メインとなる教材は、そのまま使えちゃいます。
ほんとにそれで良いのか?『知の翼』

夫に話すと、笑って「そりゃいかんだろ〜」

が、あちらさんが、それで良い、とおっしゃるのですから
ありがたくちょうだいしますよ。

あれだけやるのは、来年いっぱいかかるかも。
教科書にはそっていなくて中学受験用、というのが、
来年やっても全然問題なくていいですよね〜。

いい教材だと思っているので、
続けられなかったことは残念に思いますが、
なんだか超ラッキーなことになってしまい、
続けられなかった落ち込みも少し薄れました。

御厚意に甘えて、めいっぱい活用させていただきます。
posted by ぴかるんママ at 07:44| Comment(0) | 教材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月06日

少し成長した夏

ぴかるんは、基本的におとうさんとお風呂に入ります。
おにいちゃんがいるときは、おにいちゃんと入ります。

我が家のお風呂は、裏庭に別棟であるので、
小さな子にはちょっとこわい。
それに、薪でたくので、温度調節ができず
最初、かなり熱いお湯にしておいて、
水を入れて適温にするので、
これも小さな子には無理だし危ないので、
必ず誰かがいっしょに入りました。

おとうさんもおにいちゃんもいないときには
私がいっしょに入りました。
少し前から「いっしょに入るよ」と言うと
「う・・・ん」と、どうも気が進まない様子になり、
私が先に入っていると、
「入ってもいい?」と声をかけてから
入るようになりました。

一週間くらい前、おとうさんがいないときに
いっしょに入らなきゃ、と思っていたら、
だまってひとりで入って出てきました。

ああ、ひとりで入るようになったんだな、と思い、
それからは「入りなさいね」と声をかけると
当然のように、ひとりで入るようになりました。

おにいちゃんは、小さな弟をお風呂にいれるのを
手伝ってくれていたので、実は中学生になっても
私といっしょに入っていました。
これは、極端に長かったんだろうと思っていましたので
小5のぴかるんが、母親といっしょに入らなくなるのは
まあ、ふつうなんでしょうか。

基本的に、我が家は子供をお風呂に入れるのは父親で
おとうさんがいないときだけ、私が入れていたので
いっしょに入らなくなっても、さみしいとかはありません。

だらだらと長かった子育てが、ひとつずつ終わって行く。
さみしさよりも、やれやれだ、と思うほど長かったのです。

ぴかるんが、少し成長した夏。
子育て終了が始まった夏のようです。
posted by ぴかるんママ at 21:49| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。