2014年04月30日

楽しみな2年後

ぴかるんは、毎月、博物館の魚研究会に参加していて
大学の先生や学生さん、中学高校の先生方、
そのほか、魚類に興味を持つ大人たちといっしょに
魚の標本の整理などをしながら、
いろいろ教えていただいています。

先日、その活動が終わった後、大学の先生が
「ぴかるんは、6年生、だよね。
 ってことは、来年中1で再来年中2だね」
と、ごく当たり前のことを話しかけてきました。

が、そのあとのお話が当たり前じゃないっ!

再来年、この地で、某学会が予定されているそうで
ぴかるんにも、発表してみないか、という
もう信じられないお話をしていただきました。

学会には「高校生枠」はあるそうなんですが、
中学生は基本的にないそうです。
が、以前の学会で、父親の名前で発表枠をとり
実際の研究や発表は中学生の娘さんがやった、
という例があったそうです。

ぴかるんは、学会発表自体がなんだかわかっていないので
当然、きょとん、としていました。
が、舞い上がったのは、母。
私自身は学部卒なので、学会は経験したことがありませんし
夫も同じです。(学会所属は基本的に院生から)
地元で学会があるなら、行ってみたい、くらいは
思いますが、まさか発表をさせていただけるなんて。

さて、問題は、学会で中学生が発表できるような
テーマと研究内容はどうするのか、ということですが
何か、県内での新種とかの大発見でもすれば簡単ですが
そんなに甘くはあるはずもないので、
博物館での活動について、とかでもいいよ、という
先生のありがたいお言葉で、
じゃあ、それでいこうか、と素直に思っています。

なので、これからは、博物館の活動中にも、しっかり
「実験ノート」をとらせて、記録を残そうと思います。

そういえば、魚研究会に参加している院生の方も
今まで、何も記録はとっていなかったのに、
先日は突然、ノートに記録を始めました。なので
「おぉ、それがウワサの実験ノートですか?」
と聞くと、「はい」
そして先生が
「今まで、あまりに実験ノートが少なかったので、
 きちんと書くように指導したところです」
と、おっしゃっていました。
例の件で、大学の研究者たちも、改めて
若手の指導とか記録のありかたに
神経を使うようになったようですね。

さて、2年後が楽しみなぴかるんですが、
とりあえずは、GWの釣りのことで
頭がいっぱいのご様子。
楽しみながら、がんばってね。
posted by ぴかるんママ at 09:22| Comment(2) | 生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月26日

がんばろう、と思えた一言

3月4月の土日は、びっしりと予定が入っていて
本当に忙しく走り回っていました。
もちろん、ほぼぴかるんの予定です。

春休み期間中は、サッカーの土曜練習はなかったし
春休み前に土曜日のピアノはやめたので
かなり楽な期間のはずだったのに、ぴかるんまでも
「本当に、土日の予定はいっぱいだね」
と言うほどいっぱいでした。

きょうも、11時から12時まで
博物館で化石の展示会の学芸員さんによる解説を聞き、
その後、スーパーで調達したおにぎりなどで
車で移動しながらの昼食。
数日前からぴかるんが「行きたい」と言っていた
釣具屋さんに行き、帰って来てから、
また図書館へ行きました。

昨晩はぴかるんの鼻詰まりがひどく、
本人も夜中に起きてつらそうでしたが
そのときに起きてしまった私も、明け方まで眠れず
かなりの睡眠不足状態。
が、出かける前に、洗濯とか
義母と夫の昼食の準備とかもしなくてはいけないし
もちろん車での移動の運転もします。
全部の予定を終えて帰って来てからも
30分ほど休んだあとは、また夕飯のしたく。
いつも土日はこんな感じです。

が、今日は、そんなたいへんさもがんばれそうな
一言をぴかるんからもらいました。

釣具店から帰ってくる道中、ご機嫌だったぴかるんは
「おかあさん、ほんっと、ありがとね。
 こんなに幸せな気分にしてもらえるのは
 おかあさんのおかげだよ」
と、いきなり言ってくれたのでびっくり。

私はわりと正直に自分の思いを子供にぶつけるので
「たいへんだ」とか「感謝してよね」とか
言ってしまって、そのたびにぴかるんも
「そうだね、感謝してるよ」
とかは言ってくれるのですが、
今日は、そういう話の流れではなく、本当に自分から
心から嬉しそうに言ってくれたので、
不覚にも涙がにじみそうになった母です。

親にもたいへんなこと、不安なことはあります。

が、子供がいるから、なんとかがんばらなくては、と思い
一生懸命がんばるのです。
がんばった御褒美の言葉を息子からもらいました。

さあ、明日も、午前中に買い物したら、
午後から、ぴかるんの月に一度のお楽しみの魚研究会。

がんばれそうだったら、がんばります。


posted by ぴかるんママ at 22:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月22日

社会の勉強中・・・。

ぴかるんの社会の宿題、というか自主勉強というかで
歴史上の人物42人を覚えなさい、というのが出ました。

が、バクゼンとしていて、
なにを覚えればいいのか、本人もわかっていません。
しかも、それが書いてある資料集は、
学校で預かりとなっているので、
42人が誰なのかも定かではありません。

とりあえず、あわてて、書けるだけ書いてきた、
と12人を見せてくれました。
卑弥呼、聖徳太子、小野妹子、中大兄皇子、中臣鎌足、
聖武天皇、行基、鑑真、藤原道長、紫式部、清少納言、
平清盛 以上

この名まえをどう覚えろというのかわかりませんが、
息子は、どんな人かを調べて覚える、というので
まあ、それが妥当かな、と。
が、資料集は学校だし、教科書だけでいいのか?
と思いつつも、なにか、参考になるものはないかと
納戸で見つけた兄の中学時代の教科書と
簡単な参考書っぽいものを引張り出してきました。

それらを使って、数行ずつまとめて
なんとか12人分終わりました。

そして、ぴかるんが兄の教科書をぺらぺらと見ていたら、
なんと、兄の中学時代の小テストがはさまっていました。
小テストとはいえ、A4用紙表裏に記述式の問題でした。
片面は、全部○でした。
裏返して見ると、見事全部○で満点でした。

やるなぁ、にいちゃん。
弟も、少し尊敬のまなざし。
兄の面目が保たれてよかったね。



posted by ぴかるんママ at 15:51| Comment(0) | おべんきょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月18日

しっかりやってよね!

ぴかるんが6年生になって2週間が過ぎようとしています。

きょうで、1年生のお迎えのお仕事も最終日。
来週からは、同じ通学路を使う、
2年生の女の子と4年生の男の子が
一緒に通学班の集合場所まで行ってくれる予定です。

縦割りの班も決まり、今日は、委員長の認証式。
学校活動が本格的に始まって行きます。

が、どうも気にかかるのが宿題の少なさ。
多くても、漢字のプリントと自主勉強と日記。
昨日は、プリントもなく自主勉強と日記だけでした。

まあ、自主勉強をたくさんやっていけばいいのでしょうけど
結局、自主勉強もふだんと同じ程度しかやらなくて
5時すぎから始めた勉強が5時20分には終わっていました。
一般に、「学年×10分」が家庭学習のめやすらしいので
あまりに少なすぎ。
が、本人は「ピアノ練習するし」と言って
校歌伴奏と自分が弾きたい曲の練習をしていました。
音楽の自主勉強、というつもりでしょうか。
悪くはないけどね。

ちなみに今年の担任の先生は、
昨年は特別支援学級の担任で、
一昨年担任をもったクラスでは、
やはり宿題の量が少ないと保護者ともめて
そのクラスの保護者からは散々な評価をされています。

まだ学級懇談会もないので、
先生の方針などもわからないのでなんとも言えませんが
宿題が少ないなら少ないでいいので、
もっと自主勉強を充実させるように子供たちに指導する、
親に協力を求める、などの対処をしてもらいたいです。

ぴかるん個人は、どんどん算数の勉強を進めていきたい、
という目標を持っているので、それを中心に
自主勉強をしていけばいいと思っています。

が、そういう子ばかりではないし、
今年は中学に向けて準備していかないといけない年なので
学習面での指導もしっかりしていただきたいです。

上の子の時は、5年6年が同じ先生で
前任は中学校だったということもあって、
中学に向けた準備をしっかりしていただいたように思います。

当時はわたし自身も中学校でどんなことをするのかが
全くわかっていなかったのですが
今は、概ねわかっているつもりなので
中学に入る準備とか覚悟とかはかなり必要だと感じています。

複数の小学校からの子供たちが集まり、
とくにぴかるんたちのようにひとクラス13人、
というような小規模学級で育ってきた子たちは、
30数人のクラスに押し込められ、違和感がいっぱいでしょう。

上の子の入学式あと、クラスの中に親もぎっしり入り
みなと同じ制服を着て、小さいのに一番後ろの席になり
今までに見せたことのない不安そうな顔をした我が子を、
本当に私自身も不安な気持ちで見ていました。
ぴかるんより、もっと素直にきらきらしていた子でしたが
そのときには、なんの輝きも感じられず愕然としました。
その日が、純粋な子供時代に別れを告げた日だったのだろうと
今から振り返って思います。

そういうことがわかっているので、
この一年はとても貴重で、実質最後の子供時代になるのでしょう。

わたし自身も少しずつ覚悟を決めて行くつもりなので、
担任の先生もそのつもりで、しっかりやってほしいです。


posted by ぴかるんママ at 09:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月15日

成長期???

昨日、サッカーの練習からの帰り道の車内で
ぴかるんと、算数の問題集について話していました。

春休みにやっていた5年生の総復習問題集が
わりと気に入ったみたいで、
いきなり同じシリーズの6年生のをやりたい
と言っていました。
が、やはりそれはちょっとむずかしいかな、と。

「で、ぴかるんは今年は何を目指してるの?」
と聞くと
「算数は、とりあえず、さっさと6年生のを終えて、
 できれば、早く中学の数学に入りたいな」
などと、とっても意欲的。
今までにはなかった先取り学習を
目標にしているようです。

「ふうん、すごいね、やる気じゃん」
と言うと
「オレはM先生(魚研究会でお世話になっている
 国立大学准教授)を超えないといかんし」
と、これまた壮大な目標をかかげます。

「ああ、なんかいいね。
 勉強もサッカーも魚釣りや研究も
 やりたいことがいっぱいで
 どれだけでも伸びていきそうな勢いだね。
 きらきらしていて、ほんっと気持ちいいわ〜」
と言うと、少しテレたように
「うん、成長期かな〜」

成長期って、そういう意味か?
と少し???でしたが、まあわからんこともない。
反抗期よりかなりまし。

サッカースクールに提出する書類の
「お子様の性格」欄に
「目標を明確にして、実現に向けて努力できます」
と最大限の親バカコメントを書きました。
これは、本人も絶対読むと思ったから、
あえてネガティブなことは書かないという作戦でした。
案の定、ぴかるんはそれを見て
「オレってそんなんかぁ?」
と言っていたもののまんざらでもない様子で、
母の作戦は大成功だったようです。

学校で書いた一学期の目標は「まかせろ!」だそうで
いつになくやる気に燃える
「成長期」ぴかるんの6年生の始まりです。


posted by ぴかるんママ at 16:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。