2015年09月16日

不思議な特選受賞

ぴかるんが、今年も夏休みの自由研究として
科学作品に取り組んだ結果、
市の科学作品展で特選をいただきました。
市内の中学校で2点だけで、
その2点が、県の審査に進みます。

実は、これには、家族一同(?)驚いた!

ぴかるんのおにいちゃんのときから、
兄弟合わせて、ちょうど10回目の科学作品展なので
母から見ると、だいたい、その年のデキはわかっていて
今年は、まあ、入選はするだろうけど
特選は絶対にないだろうと思っていました。

なぜなら、第一に、ページ数が少なかったからです。

おにいちゃんが、県で入賞した作品などは
分厚いファイルいっぱいを2冊、プラス
少し薄めの要旨集1冊くらいは作っていました。
ちょうど、市内でもうひとり特選に選ばれた子も
そのくらいの量の作品でした。

ぴかるんは、そこまでは作った事がないものの
その分厚いファイル1冊分くらいは毎年作っていました。
が、今年は、おにいちゃんので言えば、要旨集くらいの
45ページ程度の作品でした。

これでは、どう考えても特選はないよね、
というのが、家族の共通の認識。
始業式の日に提出した学校の先生からも
何のコメントもなく、ぴかるんも
「作品展に出してもらえたかなあ・・・
 入選できるかなあ・・・」
と不安な数日を過ごしていました。

なので、特選の知らせは、家族でびっくり!!
そして、今までで一番、大喜びしました。

で、作品展を見て表彰式に出たのですが、
やはり、もっとたくさんページのある力作は多々あったし
内容も、もっと複雑で苦労している感があるものもあったのに
なんで、ぴかるんのが選ばれたのか、やっぱり不思議。

強いて言えば、シンプルで分かりやすかったのと
予想-方法-結果-考察という流れをきっちり繰り返し
動機からの全体の流れが明確で
動機での疑問が、結論でクリアになったこと、などでしょうか。

思わず
「こんなのでいいのか〜。今までの大量に書かねば、
 というプレッシャーはなんだったんだろうか」
と思ってしまった母ですが、もっと
「こんなのでいいのか〜」
と思ったのは、きっと大量が良いと思って
がんばって作品を作ったみなさんや、その親御さん
だったことでしょう。

本当に、なんだか申し訳ないです。

posted by ぴかるんママ at 07:32| Comment(2) | 自由研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。