2014年05月21日

修学旅行に出発

ぴかるんたちは、今日から1泊2日で
京都・奈良へ修学旅行です。

直前まで、部屋割がどうのこうの、
自由散策のときの拝観料がどうのこうの、と
あれこれ悩んでいる様子のぴかるんでしたが、
部屋も、一番の親友と同部屋になり、
拝観料もネットで確認したり、
母のアドバイスを聞き入れたりして、
納得できる内容になり、今日に至りました。

一昨日だったか、ふと思い出したのは
ぴかるんのおにいちゃんの小学校の修学旅行。
前日まで、風邪の熱で学校を休み
みなさんにご心配をおかけしました。
あとで聞いたら、クラスの子たちが
うちの前を通るたびに
「治っていっしょに行けますように」
と祈って下さっていたとか。
そして、当時は、班で大部屋で宿泊でしたが
班のみんなが
「体調が悪い子がいるから大人しく寝よう」
と言ってくれて、部屋であばれたりせず
おとなしく寝ていたという感動秘話もあります。

もうひとつ思い出したのは、
奈良公園での班ごとの自由散策。
班長だったおにいちゃんですが、
当時の育て方のせいか、まじめにやりすぎて
みんなをピリピリした雰囲気にさせてしまいそうで
不安に思っていた母は
「多少ハメをはずすくらいでいいから
 みんなで思いっきり楽しんでおいで」
とアドバイスしました。

その話をぴかるんにすると
「なんていいクラスだったんや」

そして、ぴかるんには
「おにいちゃんには、そう言ってあげられたけど
 残念ながら、あなたには言えないわね。
 たいへんだと思うけど、頑張っておいでね」

少し前にあった保護者も参加の歩き遠足では
班の子たちの勝手なふるまいで
ぴかるんまでいっしょに先生に怒られて
私もそうとうムカついていました。
6年生にもなったんだから、いいかげんにしてよね!
というのが偽りのない気持ち。
そういう子たちを引き連れての自由散策。
どうなることやら、です。

今朝は、天気予報では出発時間は雨のはずでしたが
起きてみると、雲の合間から青空がのぞいていました。
送って行って出発を見送るまでは、晴れていましたが、
その後、また雨模様。
出発だけ、晴れてくれたのは、神様のごほうび?

西に向かって行く修学旅行なので、
そちらは、きっと天気も回復傾向にあることでしょう。

少なからず、不安なこともありますが、
良い経験、良い思い出になる旅を祈っています。


posted by ぴかるんママ at 09:50| Comment(2) | 学校行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月08日

速報 家庭訪問

さきほど、今年度の家庭訪問が終わり、やれやれです。

担任の先生は去年と同じなので、
あいさつもそこそこに、さっさと話に入りました。

まずは
「5年生になったら、みんなにやさしく言葉がけをする、
 という目標を自分でたてて、実行できています」
と言っていただきました。

母としては
「はい〜〜〜!?」

少し前のブログにも書いたように、
授業参観のときに、クラスメートの発言に対して
冷たく一刀両断に切り捨てた(と感じられた)ぴかるんです。

でも、その子に対しては、
日頃からいやな思いもさせられたりしているので
特別冷たい、ということにして
あとの子に対しては、
きっと少しはやさしくできているのでしょう。

あとは、まあ、おべんきょうは、
みんなが知らないようなこともよく知っているし
理科だけでなくて、社会の知識も豊富でいいですね。
ということや
リーダーシップをとれるようになってきたので
来年の最高学年にむけて、期待しています、
というようなお話をしていただきました。

最後に
「サッカーはどんな感じですか?
 勉強のさまたげになるほどではないですか?」
と聞いていただいたので、
毎週月曜日に少し離れたところまで練習に行くようになったので
慣れるまでは、しばらくたいへんかもしれません、
という話をしておきました。

体育の先生で、娘さんもスポーツでがんばっていたらしいので
家庭でのスポーツのたいへんさなどは
よく理解していただいているので助かります。

まあ、こんな感じで家庭訪問は終了しました。

あらためて、一年がスタートした、という気分になりました。
posted by ぴかるんママ at 17:10| Comment(0) | 学校行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月02日

授業参観も飽きてきたのかな

今日は、今学年最初の授業参観でした。

教科は算数。
小数×小数の計算の応用問題をやっていました。

なんかねえ・・・つまらなかったです。

問題はなかなか良くて、ふうん、ってこともありましたが
子供たちの発言がつまらない。
先生の教え方もつまらない。

私が嫌いなのは
「○○さんの意見と似てるんですけど〜」とか
「△△くんの意見に付け足しで〜」とか言うの。
前置きはいいから、さっさとしゃべれよ、と思います。
気が短いのでしょうね。

今の学校の授業って本当にまわりくどくて苦手です。
みんなで意見を出し合いながら、やり方を考え、
答えを出していくのですけど、
分かる子にしてみたら、時間の無駄としか思えません。

あとの懇談会で先生が
「いつも、みんな、とても早くできてしまうので
 今日はあえて少しまわりくどくやってみたら
 なんかくどくなりすぎて、かえってわかりにくくなって
 反省しています。」
などとおっしゃっていました。
たしかにそうでしたね。

早くできてしまえばいいことではありませんか。
あまった時間で、もう一問位できるはずです。

私自身、小学校の授業参観に飽きてきたのでしょう。
45分間立ったまま、授業を見ているのが
苦痛にすらなってきました。

かけ算の応用問題をやっていて、
だいたいやり方はわかって、式もできて、
さあ筆算でやりましょう、という段階になってから
「なんで、かけ算でやるの?
 なんでかけ算でやるのかわからない」
と言いだした子がいて、唖然。

さらに、問題文の中に数字が3つ出てきているのを
「どうして数字が3つあるのか知りたいです」
と言う子まで出てきて、ぴかるんが冷たく
「そりゃ、そういう問題だからだよ」
とぼそっと言い、先生もフォローのしようがなくて
「ま、おちこまないでね」

まあ、そういう子もいれば、
問題を見ただけで、さっさと分かる子もいて
先生もたいへんだとは思いますが、
分かる子にしてみれば、たしかにまわりくどいばかりで
楽しい授業とは言えない感じがありますね。

私は、算数の計算方法なんか、
とりあえずテクニック的にたたきこんで、
繰り返しやっているうちに
「ああ、そういう理屈か」というのがわかってくる
というのが、一番理想だと思うんですけどね。
理屈から入っても、理解力には差があるから
自分で繰り返しているうちに、
それぞれが自分の理解力の合ったところで
はっと気付くというのでいいと思うのですが・・・。
そういう気付きって楽しいしね。
一生気づかないことがあるとまずいのでしょうけど
実生活に必要なのは、理屈ではなく、
正しく計算することですから
最低限、計算テクニックは
しっかり教えないといけないところですね。

ぴかるんは、今日の授業楽しかったのかなあ。
「うざい」と嫌っているヤツを
ぼそっと正論で黙らせたのは、満足そうでしたけど・・・。

posted by ぴかるんママ at 23:23| Comment(2) | 学校行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月04日

平均以上だったらしい

先日、今年度最後の授業参観と学級懇談会がありました。

授業参観は
「4年生でがんばったこと、5年生でがんばりたいこと」
というタイトルの作文を読みました。
クラス全員で13人ではありますが、
全員の作文を立ったまま聞くのは、けっこうたいへん。
2人目くらいで座りたくなりました。

さて、少し前に、県の学力調査テストをやりましたが
ぴかるんは、思うような結果ではなかったらしく
ひどく、落ち込んでいました。

4教科のどれもに「どうして?」と思うような解答があり
ひとつも100点ではなかったことが残念そうでした。
が、母的には「まあ、うちの子だから」という印象。

ぴかるんのおにいちゃんも中学の定期テストで
1科目もクラスでトップの点はとれなかったのに
総合点では、クラスで一番だったことがありました。
得意科目もないかわりに、苦手科目もなく、
どれもそこそことる、というのが我が家のパターンです。
(中学まででしたけど・・・)

先生も
「ふだんの感じなら、もう少し点が良いのでは?
 と思う子もいました」
との講評。
うちの子のことかなあ・・・。

さて、気になっていた、他校との差ですが
意外にも県の平均点より、どの教科もかなり上だったとのこと。
ふうん、みんなそんなに悪いんだ???

なんだか最近、ぴかるんも賢いのかそうでないのか
少々わからなくなってきました。
以前は、おにいちゃんより、ずっと頭がいいなあ、
と思っていましたが、テストになるとそうでもないような。
いわゆる地頭はいいのでしょうけど
やる気が低いというか、油断しすぎというか。
もう少し、ドリルとかをまじめに真摯にやるべきかと。

と思って、授業参観のあとには、久々に計算ドリルの宿題を
見てやりました。
懇談会のときに、分数の書き方について先生にお聞きしたら
「どんなふうでもいいです。特に指導はしていません。
 おかあさんのやり方が正しいです」
と、イヤミか、と思うような回答。
ならば、ということで、徹底指導。

まだ素直なぴかるんなので、
いつもよりは、集中してさっさと進みました。
ついでに自主勉強と称するのも計算ドリルの一番後ろをやらせ
さらに、少し別の解き方も考えさせながら教え
「ああ、充実していた。やったって感じ」
と感想を述べたのは母でした。

たまには見てやらないとねえ。
が、懇談会で私の質問で「分数やってるの初めて知りました」
とおっしゃられたおかあさまは、ひとりではありませんでした。
みなさん、下のお子さんがいらっしゃったりして
もう4年生も終わりとなれば宿題も見てないわねえ。

でも、本当に大事で難しくなるのはこれからですよね。
わたしももう少しがんばらなくては。

posted by ぴかるんママ at 09:54| Comment(0) | 学校行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月17日

学力調査テスト

ぴかるんのクラスで県で行われる
学力調査テストがあると聞いたのはいつだっけ?

そんなの日頃の学力の調査なんだから
そのままやればいいじゃん、とわたしは思いますが
先生はそうは思わないらしいです。

3学期に入ってから、
対策用の(?)勉強もがんばっているふうの先生ですが
あいかわらず、宿題は少なくて
昨日は、自主勉強と日記だけでした。

ちなみに、ぴかるんは自主勉強に
都道府県の県庁所在地や特産品、名所などを調べています。
本や地図帳で調べているのを横で聞きながら
わたしが知っている名所なども教えています。

学力調査テストがあるから、と先生が気にし出してから
ぴかるんに冗談で
「アンタが平均点あげんとまずいね」
と言っておりました。
13人クラスなので、ひとりがんばれば、
けっこう平均点も上がりそうです。

わたしは本当に冗談だったのに、
昨日、帰り際に先生が、
ぴかるんの目をじっと見て
「ぴかるん、がんばってくれよ」
とおっしゃったというので大爆笑。

そういえば、算数の授業とかの時に、先生が
「わかったひと」と挙手を求めるのに
だれも手をあげないことがあるそうです。

そういうときに先生は、ぴかるんをじっと見て
「ぴかるんもわからん?」
というビームを送ってくるので、ぴかるんは
「むりです」ビームをかえすそう。

そうすると先生はあきらめて
もう一度説明をする、とのこと。
おもしろすぎ。

さあ、きょうは、4時限ぶっつづけでテストらしいです。
そんな経験はいままでにない子たちなので
どう考えても集中力が持続しそうにありません。
一日一教科、とかやりかたを考えた方がいいかも。

ぴかるんも、先生の期待にこたえられるほど
ちゃんとできているかは大いに疑問です。
先生、ごめんね。

posted by ぴかるんママ at 09:47| Comment(2) | 学校行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。