2015年07月17日

反抗期とやる気の消滅

ぴかるんのおにいちゃんが、
地元で教員採用試験を受けるために帰省しました。

ふたりでビールをちびちびやりながら話しているうちに
おにいちゃんの中学時代の話になりました。

おにいちゃんから興味深い話が聞けました。

中学のある時期までは、
親と先生は『神様』だと思っていた。
絶対的な存在で、圧倒的に信じ、
逆らうことなど考えもしなかった。

が、何がきっかけだったのかは忘れたけど、
あるとき、ついに、
親も先生も『人間』であることに気づいてしまった。

そうしたら「なあんだ」となり
急に、親や先生の言うことをきくことが
ばかばかしく思えるようになった。

とのこと。

ああ、思春期の反抗ってそういうことなのか。
今まで、漠然と、
大人になるための通過儀礼、とか
その年頃特有の精神状態、とか
わかるようなわからないような、
そんな感じでしたが、とてもすっきりできました。

ちなみに、私自身は、
おにいちゃんは、高校時代もずっと反抗期と思っていて
長い反抗期だなあ、と嫌気がさしていましたが
本人によると、高校時代はそうでもなかった、とのこと。

やはり、あるときから、突然、良い子にもなれないし
どっちにしても、もう親とは精神的に距離があったので
適当にあしらえば良い、と思っていたようです。

つまり、親離れはしていた(つもり)だったのに
子離れがこじれていた、ってことなんでしょう。

ちなみにぴかるんは、まだ反抗期っぽくないです。

先生のことは『神様』とは思っていないでしょう。
たぶん、もうずっと前からそうでしょう。
親のことは、どうなんでしょうか。
いつも「母、すご〜い」とか「父、さすが!」とか
言っているので、まだ、親の方が立場が上かも。

まだ、これから反抗期が来るのか、
それとも、すでに、全部を知りながら、
子供のふりをしてくれているのか(その方が有利だから?)
どちらかは、わかりませんが、
今回、おにいちゃんの話を聞いて、
なんだか、がんばれそうな気がしています。

それから、もうひとつ、とても興味深い話がきけました。

おにいちゃんは、中学入学直後はよく勉強していましたが、
中1の夏休み明けから、めっきり勉強しなくなりました。
それは、何が原因だったのかとたずねたところ、あっさりと
「勉強しなくても、成績が下がらなかったから」
と答えて、それには驚きました。

確かに、定期試験の得点や順位は下がっていきましたが
成績表自体には、あまり大きな変化は見られず
主要5科目の内申点は25点満点の23〜25点で推移しました。

中学の成績は、テストの点数だけでなく、
提出物や意欲なども勘案されるので、
たぶん、先生受けが良かったと思われるおにいちゃんは
多少、テストの点が悪くても、成績には響かなかったのでしょう。

それはそれで、うまいこと中学時代を切り抜けたとは思いますが
世の中は、そんなに甘くない。
勉強しなくてもどうにかなる、という思いがしみ込んだ頭では
その後の、進学校での勉強、大学受験、大学での単位取得などに
散々、苦労し、遠回りを余儀なくされる生き様です。

明日は、教員採用試験の一次試験。
私が育てた息子の生き様が試されます。


posted by ぴかるんママ at 10:22| Comment(0) | おにいちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月14日

おにいちゃん、その後

前回、アパートの住人にご迷惑をかけ、
退去勧告寸前のぴかるんのおにいちゃんのことを書きました。

何度も、電話するようにメールしたのに、電話はなく
こちらからの電話にも出ようとしませんでした。

あまりにも、なにもないので、
「もしやキレた隣の住人に、包丁を持ち出されて・・・」
などと、最悪の状況が、
ほんのわずか頭をよぎらないこともなかったですが
息子の性格をわかっているので「ないない」と否定し
「ほとぼりがさめるのを待ってるんだな」
と思っておりました。

でも、こちらから、あらゆる注意事項は細かくメールし
大学のHPをチェックすると、
大学の学生寮は、男子在学生は随時入寮受け付け、
とあったので、詳細を大学の担当課に聞きに行くように、
との指示もメールしておきました。

すると、ようやく、今日、メールがありました。

第一感想は「生きていた・・・」

事件発覚(?)から5日目です。

ちゃんと学生寮のことを聞きに行ったらしく
「夏ごろに募集をかけて、
 うまくすれば秋ごろに入れるかもです」

8〜9月は実質夏休みなので、
最悪、家に戻って来ていてもなんとかなるので
あと2ヶ月半、とにかくおとなしくしていて
追い出されないようにしてもらいたいものです。
(退去勧告など、強制力は全然ないので、
 ずうずうしくアパートに居座ればいいのですが)

寮も入れるかわかりませんが、
なんとか、事情をしっかりアピールして
入れてもらえるといいのですが・・・。

とりあえず、少し心配が減って、よかったです。

posted by ぴかるんママ at 11:44| Comment(0) | おにいちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月11日

おにいちゃん、なにやってるの!!

昨日の深夜0時をまわってから、
ぴかるんのおにいちゃんからメールがありました。

「今日、大家さんからそっちに電話があるので
 対応をよろしくお願いします」
とのことでした。

母「アンタなにやったの?」
子「なんもしてねえけど・・・
  下の住人から、うるさいってクレームがあったから
  その件で出てけって言われるかも」
母「ふうん、まあ即出てけ、とは言われないから大丈夫。
  出てけって言われたら、いい機会だから
  家に帰っておいで(笑)」
子「はい、ありがとうございます」

などと一見、お気楽な感じのメールのやりとりをしましたが
母としては、心中穏やかではありません。
考えられることは、家賃の値上げとか、
やっぱり周辺からのクレームか。
母は、宅建主任の資格も持っているので、
とりあえず賃貸契約書をひっぱりだして精読。

朝になってから、実際に大家さんと電話で話すことになる
夫に概要を説明し、契約書を読んでおくようにすすめて
私は、ぴかるんの学校行事に参加しました。

行事の途中で、電話があったことが
私の携帯に通知があったので、すぐ夫にメール。
「なんだったの?」

すると
「下じゃなくて隣の住人からのクレームで
 うるさくて寝られない、とか
 自転車を置く位置が悪い、とか
 今度、問題があったら退去勧告だそうだ」
ふうん、要は、息子は、下の方ばかりでなく
隣の方にまでご迷惑をかけている、というわけね。
なにやってるの!!

まあ、いろんな事情がありまして、
息子は、このアパートにおいては、四面楚歌状態で
あの、天真爛漫、というか無神経、というかな性格で
なんとか2年間は過ごせれた、という感じでしたが
ここにきて、お互いに限界なのかもしれません。

実際の法律上では、息子の権利は頑丈に保護されているので
多少、物音をさせる、とか、人の声がうるさい、とかでは
息子を強制的に退去させることはできません。
なので、こっちはどれだけでも強気に出ていいのですが、
迷惑をかけているのも事実なのだろうし
そのような状態の中で暮らさせるのも親としてどうかと思うし
強制退去うんぬん、ではなくて、
ここは勇気ある撤退(?)を考える方が賢明か、と
夫とも話しています。

が、肝心の息子との連絡がとれません。

概要をメールして、とりあえず、
お友達の入室は禁止するよう伝えましたが、
一度電話するように言っておいたのに、全然してきません。

そういった、親や世の中を馬鹿にしたような甘い態度が
周辺の大人の怒りをかう、ということに気づいていないのです。

もう成人もしているし、ひとり暮らしも3年目だし
あれこれ口をはさまなくても、なんとかやっていると
思っていましたが、親も甘すぎたのかな、と反省です。

あと2年間、なんとか穏便に暮らして
無事、卒業してもらいたいものです。

posted by ぴかるんママ at 09:20| Comment(0) | おにいちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月12日

おにいちゃんホームシック?

この前の日曜日に、実家の父が
ぴかるんのおにいちゃんの大学を見てみたい
と言うので、ぴかるんと3人で行ってきました。

ほかの用事を済ませてから行ったので
おにいちゃんと合流できたのは午後1時半ごろ。
お昼ご飯を食べる約束をしていたので
とりあえず、近場の中華ファミレスへ。

それぞれの食べたいもののほかに
ラーメンと餃子を頼み、
みんなでいろいろつまみ合い
さらにデザートも頼んで、それもみんなでお味見。

食事をしながら、それぞれ言いたいこと
聞きたいことをしゃべりまくり、
ケータイに入っている写真も見せ合いながら
わいわいと楽しいお食事タイムでした。

その後、大学の構内を車に乗ったまま
ゆっくりと一周。
おにいちゃんが校舎の説明なんかをしてくれて
父も「いいキャンパスだ」と満足そうでした。

すべての予定を終えて、おにいちゃんを下宿に送る途中
突然、おにいちゃんが
「ああもう、このままオレも帰りたい!帰りたい!!」
とホームシック(?)の発作。

自分で望んで選んだひとり暮らしですが、
2年目になって、そろそろひとり暮らしも飽きてきたのか。
ふつうは、ひとり暮らしに慣れて、
帰省もしなくなるものだと思うのですが・・・。
もともと、ひと恋しい、ひと大好きな子なので
ひとりでいるのがあまり好きではないのかもしれません。

「帰りたい!」と叫ぶ息子に、とりあえず
「いつでもウェルカムですよ〜」と言ったものの
すでに日曜の夕方なので、月曜の授業をサボるにしても
それほどゆっくりはできません。
「じゃ、来週!来週帰るから!!」
となおも叫ぶおにいちゃん。

なぜそんなに帰りたいんだ??と思いつつも
ぴかるんと声をそろえて
「あ〜、来週は出かけるよ。
 土曜は琵琶湖だし、日曜は試合だし・・・」
と冷たく言うと、おにいちゃんはさらに力を込め
「なにっ琵琶湖っ!?オレも行く!絶対行くっ!!」

わかったわかった。
土曜の朝には出かけるから、金曜の夜までに帰ってきたら
いっしょに行けるから、と説得し、
とりあえず、下宿に入るのを見届けて帰宅しました。

とくにつらいことがあるようにも見えないし、
バイトもサークル活動も順調そうで(勉強は知らないけど)
大学生活を謳歌しているように感じられますが
こんなに実家に帰りたがるってなんなんでしょうか。

やはり、ひとりで生活するのは
それなりに気を使うこと、緊張感もあるのでしょうか。
たまにはそういう緊張感から解放されて
田舎の大きな家で、なにも考えずぼんやり過ごしたいのかも。
私も大学時代には家から出ていたので
それもわからないことはありません。

一週間がんばって帰っておいで。
楽しい週末を過ごそうね。

posted by ぴかるんママ at 09:22| Comment(0) | おにいちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月02日

成長しているのか?いないのか??

今回は、ぴかるんの大学生のおにいちゃんのおはなしです。

大学では軽音部に属し、キーボードやベースなどを弾き
大学生協の学生委員会にも属し、
生協のお手伝いの活動などもやっています。
さらに幽霊部員らしいのですが、
科学実験などを子供たちに見せたりするサークルにも
名をつらねているようです。

これだけで、十分、大学生活は謳歌できている
と思うのですが、さらに、
「ダイビングするかい」なるサークルを立ち上げ
8月と9月の2回、それぞれ10数人を集めて
体験スクーバダイビングをやったらしいです。

つまり、お金がいくらあっても足りない状況です。

7月の末には、軽音部と生協委員の夏合宿の費用、
5万円をなんとかしてほしいとメールがあり、
あま〜い母は、なんとかしてしまいました。

さらに2回目のダイビングの直前にメールしてきて
「2万円貸していただけないでしょうか」

ふうん、「貸して」というのは多少かわいいやん。

で、これも「貸して」しまいました。

うちも決してお金が有り余っているわけではなくて
自営業ですから、お給料ももらえたりもらえなかったり。
さらに会社の経営のために微々たる私財も投じながら
なんとか会社も家族も生きながらえている状態です。

今月に入り、また仕送りをしないといけないわけですが
甘い母も、さすがに少しは角が見え隠れの状態なので
とりあえず2万円、息子の口座に入れて
「数日間は、これでなんとかしなさい」とメールしました。

借金して(?)楽しく遊んだ後には、
厳しい現実が待っているのよ。
本来は、楽しく遊ぶために生活を切り詰めてお金をためて
そして、たまったお金で遊ぶものだと思いますが
それがまだできないのなら、あとで苦しむしかないのです。
大学生活2年目になっても、成長しないですね。

が、ふだんは、仕送りをしたとメールしても
なんの返事もよこさない不孝者ですが、
今回は、返信がありました。
「足りないので、もう1万」とか書いてきたかな、
と最初っから疑ってかかる母でしたが、意外にも
「ありがとうございます。」

ああ、なんかうれしいわ。
少しは母の気持ちがわかるように成長してくれたみたい。

うちは、なんだかんだ言っても、どうにかこうにか
定額の仕送りは毎月やってやれていますが
この前、いっしょにお茶したママ友は
「8月はね、お盆があってお客さんが多いから、
 息子の仕送りを減額したのよ。
 文句言ってたけど・・・」
と言っていました。
どちらのおうちも、大学生への仕送りは必死です。

なんのために働き、なんのためにお金を稼ぐのか、
とりあえずは、息子たちを育てるためです。
そのために稼いだお金が全部なくなっても
それは、正しい消費の仕方、と考えるしかありません。
posted by ぴかるんママ at 11:27| Comment(0) | おにいちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。