2015年06月26日

初の期末試験結果

ぴかるんの初めての期末試験が終わり、
テストが全部返ってきました。

国語、英語、理科は、予想以上によくがんばり、
国語は単独学年トップでした。
が、数学が・・・とびぬけて悪かったんです。

数学の平均点が50点台らしいので、
70点台だったぴかるんは、
それほど悪くはないのかもしれませんが
ほかの教科に比べると・・・
どうしちゃったの?という感じです。

それに、まだ、1年生の1学期なんて
さほどむずかしくもなく、
ひねった問題の作り様もないと思われるのに
どうしたらそんなに失点できるのか、
と思ってしまいます。(母は理系)
まだ、落ち着いて、テストも見ていないので
一度じっくり見せてもらって、
一緒に弱点を分析しようと思っています。

最初の定期テストなので、
ぴかるんが実際のところ
どの程度の得点をとれるのかもわからず、
勉強の仕方も正しいのかどうかもわからず
手探り状態だったわけですが、
これでどうやら、ぴかるん自身の傾向も
まわりのライバル(?)たちの様子も
見えてきたように思います。

数学にはびっくりでしたが、
数学が、嫌いだとか苦手だとかいうわけではなく
ちゃんとトレーニングすれば
ちゃんと点がとれる教科だと思うので、
ちゃんとトレーニングをしようと思います。

あとは、それなりによくできていましたし、
特に、英語は、母から見ると
「単語のスペルとか、細かいところがいいかげん。
 文法もまだあいまい」
と、かなり不安がいっぱいだったにもかかわらず
わりと高得点をいただいたので、ラッキーでした。
が、本人にも、弱点がしっかり自覚できたようなので
しっかり補強するつもりらしいです。

良かったのは、国語。
漢字や文法や古典などをのぞけば、
なかなか勉強の成果が出ない教科ですが
そこでしっかり点がとれるのは、
理系に進もうとするぴかるんには何よりの強み。
このまま、読書好きで、漢字好きであってほしいです。

そして、総合的に、
ぴかるんより上位である子たちの得点を聞いてみると
まあ、いわゆる射程圏内。
ぴかるんは、上位を追い詰めて行かれる(?)
ちょうどいい感じのポジションにつけました。
なので、母以上に、ぴかるんのモチベーションはアップ。
母が、夏休みの弱点克服方法を語れば、ぴかるんは
「いや、それまでにまだ1ヶ月あるし。
 そこまでにやっておくこといっぱいで、
 やらなきゃ、ってか、もっともっとやれるし!」
と、超気合が入っています。

いきなり、クラスでトップになっちゃったりすれば
「まあこんなものか」と天狗になりそうですが
ちょっとした悔しさが残ったところが、
この試験での、最大の良さだったと思います。
追って行く方が強いのは間違いないです。
期待しています。





posted by ぴかるんママ at 09:03| Comment(0) | 試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月22日

テスト前の母たち

ぴかるんの初めての定期テストは、今日明日です。

学校の方針としてか、定期テストは月火にあるらしく
つまり、直前の土日は、がっつり勉強しろ、
というわけらしいです。

なにせ、初めての試験勉強で、
すぐ上とかに兄姉がいるわけでもないので、
どうも、試験勉強というものがイマイチわからず
「土日、がんばらないとね」
という母の言葉にも、なんだか焦点が定まらない様子。
が、日曜日に予定されていた、
すごく行きたかった博物館の活動は、
さすがに観念してあきらめ、勉強するつもりだったようです。

土曜日は、家で、休み休みも8時間ほど勉強できました。
「こんなに休みながらでも、けっこうできるんだね」
と、ぴかるんも意外そうでした。
が、さすがに、それを2日連続は厳しそうでした。

日曜日は、ちょうど母が図書館バイトの日だったので
「気分転換に図書館でやる?」
と提案すると、素直に「そうするか」

図書館で一時間ほど勉強すると、
偶然、親しいお友達が、おかあさまに連れられてきました。
ふたつのカバンにぱんぱんに教材をつめて、
おべんとうも持ってきました。

「もう、ほんとうにっ、昨日も全然勉強しなくって!」
おかあさまが、お怒りで、
「今日は、閉館(5時)まで帰ってこなくていいですっ!」
と言い放ち、去って行かれました。

しばらく、ふたりで楽しげに(?)勉強をしていると
どうやら、同級生らしい子が、
おかあさまと弟さんとやってきました。
その子は、勉強しに来たわけではないらしく、
勉強しているふたりを見たおかあさまは
「ほぉら、ちゃんと勉強してるじゃないのっ!」

午後からも、ふたりでてきとうに(?)勉強していると
また別の同級生のおかあさまが、弟さんふたりを連れてきて
「弟たちがうるさくて勉強できないかなと思って、
 連れ出してきました」
とのこと。そして
「なんだかのんびりしていて・・・
 土日なんか、一日中勉強するものだっ!
 って言ってるんですけどねえ・・・。」

どちらのおかあさまがたも、
なかなか思うように勉強しない男子くんたちにイライラ。
まだまだ先は長いよ。
お互い、がんばりましょう。
と心の中でにやにやしていたワタクシです。


 


posted by ぴかるんママ at 09:17| Comment(0) | 試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月18日

試験ってやっぱり国語力!

期末試験一週間前になり、
ようやくあせりが見えてきたぴかるん。
が、それほど勉強時間は増えていません。
母はもうあきらめて、
「まあ、結果が悪けりゃ次回は考えるでしょ」
という気分です。

さて、昨夜、私のそばに来て
「歴史、教えて〜」
と言うので
「よっしゃ、どんと来いっ!」

子 歴史の問題集を広げながら
  「このね、朝鮮半島と日本との関わりなんだけど
   オレは、百済と任那のふたつだと思うんだけど
   答えには、百済だけなんだよね。なんでだ?」

歴史は好きですが、そんな細かいことは覚えていません。
が、母としてのプライドが「わからない」とは言えない。
じっくりと問題文と、その周辺の問題などを見ると
ふと「朝鮮半島の国々の中で」という文の中での
「国々」が、なぜか頭にひっかかりました。

母 「もしかして任那は国ではないんじゃない?」

と言って、問題集のほかの部分を見ると、やはり
「任那周辺の地域」とありました。
息子が「すげ〜、そうなんだ。納得」
と感嘆の声をあげたので、母、満足。

さらに、「4世紀にできた朝鮮半島の国々のなかで」
という文が入った問題で、
やはり息子は答えを絞りきれないらしい。
このとき、母の頭にひっかかったのは
「4世紀にできた」の部分。

母 「もしや4世紀じゃないときにできた国があるのでは?」

と言って年表を確認すると、やはり、
高句麗だけが、紀元前後にできた国でした。

大人になって、資格試験や検定などを受ける機会があると
こういった、ひっかけ、ではないけれど
問題文をしっかり読んで理解しないと
うっかり間違えてしまう問題によく出会います。
私はわりと、そういう試験をよく受けていると思うので
たぶん、問題文のひっかかりを見つけるのに慣れている人
なのだと思います。

試験というものは、その科目の知識はもちろんのこと
問題文を正しく読み取って、どんな条件があるのか、
ということを理解しないと正解を導き出せません。
中学一年生には、なかなか難しい事だと思いますが、
こうやって少しずつ慣れていくしかないでしょうね。

ささやかな手本を見せられて、
「母、すご〜い!」
と息子に褒めてもらい、お役に立ててよかったです。





   
  
posted by ぴかるんママ at 09:46| Comment(0) | 試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月08日

初!期末対策勉強

期末テスト2週間前になりました。
ぴかるんの学校は中間テストがないので、
これが、人生初の定期テストとなります。

先生方も、気合を入れて、
勉強の予定表などを作るようにプリントを配り、
目標勉強時間は、一日3時間、2週間で計55時間、
などと書いてあります。
計算が合わない分は、土日にもっとやれって
ことなんでしょうけど、
部活停止は、試験直前の2日間だけだし・・・。
こんな目標達成できるわけないじゃん。
それに、きっと、一番長く勉強した人が
一番点数をたくさんとれるってわけじゃないだろうしね。
・・・などと、クールな母は思ってしまうので
その子、ぴかるんも燃えていません。

細かい予定表作りを手伝いながら
「もう、こんな予定を書くこと自体が
 時間のむだってことに気づいてほしいねえ」
などと、ののしりながら、それでもざっと書かせたら
案の定、その日、勉強する時間は残っていませんでした。

が、恐れていた通り、一番ヤバいと思っていた
英語が、どうも日々の学習をサボりぎみらしい。
学校ワークを一回りもやっていないようで
その神経がよくわかりませんね。
他の教科は、それほど心配していないけれど
英語は、たぶん、多数の同級生よりスタートが遅くて
「しっかりこつこつやるように」
とあれほど繰り返し注意していたのに・・・。

さて、そんなこんなで、たいした気合は入らずも
ぼちぼちと試験対策を始めたぴかるん。
昨晩は、地理と理科の教科書を読んだから
テストを出してくれ、と言って来ました。

「ふうん、じゃあねえ・・・」
と教科書を開いた母。
「えっと、目次のページには花の写真が2種類あります。
 なんの花でしょう」
予想外の問題に、うろたえるぴかるん。
「わからない?教科書ちゃんと読んでないんじゃん」
などと、ののしる母。
そう、教科書のすみからすみまでちゃんと読むように
母はしっかり指導したのに、あま〜い!
ってことをわからせたのでした。

夫も
「時間もないんだから、そんなふざけたことしなくても・・・」
と、まじめなことを言うので
「こういうところをしっかり見てるかどうかで
 『興味関心』は、はかられるのよ。
 私だったら、こういう問題を絶対入れるわ」
と、もっともらしいことを、つんつんと言うワタクシ。

でもまあ、ワタクシは所詮シロウトなので・・・
おにいちゃんに頼んで、
理科の予想問題作ってもらおっかな〜。




posted by ぴかるんママ at 09:49| Comment(0) | 試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。